幼児期の英語学習はおうちでスタート!

幼児の英語教育で大切なのは「英語は楽しい」と感じることです。おうちで安心して、遊びを通して英語を学んでいける方法をご紹介します。

4 効果的な幼児英語の学習方法とタイミング

 

 

幼児英語教育のタイミング


幼児英語は他の学習とは異なり、学習のタイミングが重要となります。幼児期の英語教育は慎重に検討しつつも、先延ばしにしてしまうと、バイリンガル※になれるチャンスを逃してしまうことにもなります。 ※バイリンガル:二言語を自由に使いこなすこと

 

幼児期から英語に触れた子供は、英語を日本語に置き変えて理解するのではなく、英語をそのまま理解します。早くから英語、日本語両方に触れることで、それぞれ理解する回路が発達し、ふたつの言語を使いこなせるようになるということです。

 

また、本人が英語を学びたいという気持ちがあるかも重要です。
子供が、「英語は楽しい。」と思える場所や相手、環境を作るようにしていきます。無理なく意味のある幼児英語教育を、考えていきます。

 

 

効果的な幼児英語の学習方法


幼児期の英語耳を育てる学習法

シャドーイング

幼児期の特徴として、周りの真似、大人の話す英語を見よう見まねで話し、驚くようなスピードで吸収していく力があります。

・イマージョン教育

幼児期においては、英語にたくさん触れさせるだけでも大きな効果があります。
たくさんの英語を聞いたり、楽しいコミュニケーションのできる場所を与えることです。

 

最初は英語を「聞く」ことから始める

・英語の歌やDVDを楽しむ

最初は英語の音を聞かせてあげることから始めます。
幼児期から英語の音を聞かせていると、英語への違和感がなくなっていきます。

 

ご家庭で英語の歌を一緒に聴いたり、歌ったりしましょう。また英語の絵本を読み聞かせてあげるなども良いでしょう。

 

英語のDVDなどで、目と耳で楽しめるようにするとさらに効果的です。DVDであれば子供が好きそうなディズニーやジブリのDVDなどは、二ヶ国語に対応しているものもあり楽しめます。

 
・簡単なフレーズで教える

子供に英語を話すときは、英単語だけではなく、簡単なフレーズでも教えましょう。英単語だけでは、それをどうやって使えばいいのか分かりません。フレーズを覚え、そのフレーズを使うことで、だんだん会話ができ楽しめるようになります。親が語りかける英語の表現集を用意しておくと、楽しく会話ができます。

 

慣れてきたら「読む」ことにも挑戦させる 

 子供の耳が英語に慣れてきたら、文字を見せてあげてください。
例えばフラッシュカードなどを使って、英単語とその意味だけでなく、その英単語が意味している絵がわかり易く描かれているものを使用してみます。

DVD教材などでは、「文字」「音」「映像」を同時に楽しく学習できます。

 

 

アウトプットしたくなったら「話す」練習を始める 

 「聞くこと」「読むこと」に慣れてくると、子供はをアウトプットしたくなります。ここでタイミング良く英語教室や英会話スクール、オンライン英会話といった習い事を検討してみてください。幼児英語「話す力」を上達させるには、コミュニケーションを取りながら身に付けていくのがベストです。

 

通学の教室などは、親子とも負担になることもあります。
自宅でのオンラインやDVDなども上手に利用して、子供が楽しめる範囲でスクールの日数を調節するのが効果的です。

 

オンライン英会話のメリットは、親が子供のそばに付いていられることです。リラックスしたおうちで英語を話す力を身に付けることができます。通学の英会話スクールより安価で授業が受けられるのもメリットです。

 

 

英語をある程度理解できてから「書く」練習に

 基本的に英語を書くのは「聞く」「話す」「読む」に比べて難しくなります。英語を読むことができてから、文字を書くことに進んでいけばよいと思います。

 

文字を書く練習を始める時は、「遊びの要素」を取り入れて行きましょう。最初は色鉛筆やクレヨンを使って、お絵かきの延長くらいの気持ちで楽しく練習していきます。

f:id:katumikosi:20180828170850j:plain

 

 

 

幼児期に楽しく英語を学ばせるコツ(家庭編)


・「英語は楽しい」と思うと、学習も効率よく進みます。この時期は、英語にたくさん触れていくことが英語の上達となります。

 

・幼児期は沢山褒めてあげます。知っている単語を話したり、英語のフレーズを読めたりしたら「Good job」や「Excellent」などの言葉をかけるようにします。
それだけでも嬉しい気持ちになり、英語を楽しく感じてくれます。

 

・日本語も習得している最中の幼児期は、英語だけに限らず日本語で知っている事も褒めるという事が大切です。

 

・幼児期は同じ遊びの繰り返しが大好きです。「遊びながら同じ言葉をリピートして英語を覚える」という方法も喜びます。
ボーリングゲームをして、「全部倒せたら、Congratulations!を言う」とルールを決めたり、車のおもちゃで数や色を英語で言うなどが楽しめます。

また、おままごとをしながら、「I’m going」や「Welcome home」などの言葉を使ったり、「Do you like juice?」「I want to eat sandwiches」などのフレーズを教える事が出来ます。

 

・また「Open shut them」「Head, shoulders, knees and toes, knees and toes.」などの振付のある歌も幼児の大好きなあそびです。

 

・「母国語方式」学習法とは、英語を日本語に訳さず、英語のまま聞かせる方法です。意味を誤解している時は日本語で教えるようにしてあげましょう。(ディズニー教材など)

 

kodomo-abc-lesson.hatenablog.jp